レベルで違う

個別指導にも種類がある

進学型

成績上位者を対象にした塾には、難関校突破を目標にした生徒が勉強をしにやってきます。授業内容のレベルが高く、向上心を上げるカリキュラムが主です。合格実績も素晴らしく受験指導にも熱心です。

補習塾

少人数の個別指導の場合、生徒同士のレベルを元に構成しますが補習型の学習塾は成績関係なく全員を対象にカリキュラムを進めていきます。受験対策をはじめ、学校で習う勉強に対応する等オールマイティーさが特徴です。

グループ指導

集団授業では成績アップが見込めない場合、少人数で進めるグループ指導が適切でしょう。成績も似たような生徒が集まるため、同じレベルから始められる安心感があります。